青森の八戸特徴

八戸は、青森県の東南部に位置しています。青森の三大都市のひとつでもあります。東北新幹線で東京まで3時間で着きます。青森の八戸の特徴では、伝統芸能えんぶりが重要無形民俗文化財に指定されています。また、スケートやアイスホッケーも盛んです。青森の八戸の特徴は、若い人が遊ぶようなところも少なく田舎ですが、活気に溢れています。また、冬は雪が多いイメージですが、八戸は降雪量が比較的少ないです。青森と同じ県内とは思えないほどです。青森の八戸の特徴はイカの水揚げ日本一なところです。また八戸といえば、せんべい汁が有名です。南部煎餅を汁で煮た料理で、一躍全国的に有名になりました。地域おこしとして八戸せんべい汁研究所が設立、今は立派な郷土料理として認識されています。そして2012年B-1グランプリでゴールドグランプリを受賞しました。青森の八戸は、いちご煮も有名です。ウニとアワビのお吸い物です。なぜいちご煮なのかというと、ウニの卵巣が赤い色をしていて、野いちごのように見えることから名前が付けられました。また、農林水産省主催の農山漁村の郷土料理百選に、せんべい汁といちご煮は選ばれています。